JCC  Knowledge Network

JCCでは化粧品業界で長年活躍されている6名の先生を迎え、
技術的な相談への対応やグローバルな技術情報の提供などを行っています。

Executive Advisor のご紹介

化粧品に関する技術的な質問を中心にエグゼクティブアドバイザーがお答えします。

岡野由利.jpg

岡野 由利
(OKANO YURI)

​株式会社CIEL 取締役

博士(薬学)

基礎研究(安全性・有効性)

化粧品・医薬部外品の安全性と有効性の評価を専門としています。分野は細胞を用いた試験、三次元培養皮膚を用いた試験、摘出ヒト皮膚

を用いた試験、およびヒトでの臨床試験です。これらの分野に関するご質問がありましたら、お気軽にご相談ください。

神田不二宏.jpg

神田 不二宏
(KANDA FUJIHIRO)

武庫川女子大学 客員教授

​博士(工学)

分析, デオドラント, 

技術マッチング・アライアンス

技術的には分析化学が専門で、最も精通しているのは質量分析です。開発面ではデオドラント機構のコンセプト立案から製品化まで携わりました。また、国内外の大学や企業との技術コラボレーションを推進した実績もありますので、お気軽にご相談下さい。

高田定樹.jpg

​​高田 定樹
(TAKATA SADAKI)

大阪樟蔭女子大学 教授

樟蔭美科学研究所長

​博士(学術)

処方全般, 化粧品原料

皮膚のバリア機能に関する基礎研究とスキンケア化粧品とメーキャップ化粧品の幅広い

処方開発を専門にしています。化粧品原料の皮膚バリア機能に影響を及ばす研究成果をもとにした皮膚バリアを破壊しない皮膚洗浄料などの相談もお受けします。

tokudome_image圧縮.png

​​徳留 嘉寛
(TOKUDOME YOSHIHIRO)

佐賀大学リージョナル・

イノベーションセンター 特任教授

博士(薬学)

基礎研究(経皮吸収)

化粧品と医薬部外品の有効成分の経皮吸収を

専門としています。化合物の有効性の評価や、皮膚の構造に関わる検討なども摘出皮膚や

培養細胞、三次元培養皮膚を使用して研究を

行っています。困ったことがありましたら

お気軽に相談してください。

堀越俊雄.JPG

​堀越 俊雄
(HORIKOSHI TOSHIO)

化粧品技術コンサルタント

​博士(学術)

処方 (洗浄剤・頭髪), 化粧品原料

(1)レオロジー調整剤によるスキンケア、

ヘアケア製剤および洗浄剤の安定化

(2)カチオン性ポリマーを使ったヘアケア、洗浄剤の感触向上を専門としています。

製剤の安定性でお困りの方や感触向上に

ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

南野美紀.png

​​南野 美紀
(MINAMINO MIKI)

株式会社ベルヴィーヌ 取締役副社長

武庫川女子大学 客員教授

博士 (医学・薬学) , ​修士 (経営学)

化粧品全般 (技術・マーケティング)

化粧品技術とマーケティングの両方を専門に

しています。原料や化粧品の機能をどう表現

したら良いか等マーケティングのアイデアで

行き詰っている方は是非ともご相談ください。スキンケアのコンセプト構築や、製剤の防腐

設計のご相談にも対応可能です。

2022 年 3月 31日までのご相談は、会員・非会員ともに無料です。

​​ご質問される際にご留意いただきたいこと

  • ご質問の内容によっては、エグゼクティブアドバイザー以外の専門家がお答えする場合があります。

  • ご指名された先生が必ずお答えになるというわけではありません。

  • 本フォームを送信してから5営業日以内に受付完了メール(受付番号)が届かない場合は、お手数ですがknowledge@jcc-k.comまで会社名・お名前を明記してお問合せください。

  • ​回答までに1~2週間かかる場合がございます。回答が届かない場合はknowledge@jcc-k.comまで受付番号・会社名・お名前を明記してお問合せください。

  • 相談内容に対する秘密保持については、JCCとエグゼクティブアドバイザーとの間で秘密保持契約を締結しております。したがって、相談者による承諾なしに、JCCおよびエグゼクティブアドバイザーは、質問者の情報を含む本相談に関わる秘密情報を開示することはございません。

  • 会員企業の紹介やJCCの活動に関するお問い合わせはコチラまで。

​※なお相談はご利用していただくためにはご同意が必要な事項があります。詳しくは申込サイトをご覧ください。​

​​たとえば、このようなことでお悩みではありませんか?

化粧品製剤全般

  • 経時で粘度が低下、上昇するので安定化したい

  • 粘度が低くても安定な製剤を作りたい

  • 現状の製剤の感触を変えたい

  • ​防腐力をあげたい

安全性関連

  • 原料や製品の安全性を確認するにはどのような試験をすればよいか?

  • 動物代替法試験について知りたい

  • ヒトでの安全性試験について知りたい

有用性関連

  • 原料の皮膚に対する有用性をどうやって評価すればよいのか知りたい

  • In vitro試験の手法について知りたい

  • 臨床試験のプロトコール(実験手順・条件)を相談したい

  • ​部外品申請用の有効性試験について知りたい

マーケティング関連

  • 製品に消費者に伝わるストーリーを付与したい

  • ​自社製品の売上をアップするためにどう謳えばよいかアドバイスして欲しい など

​上記外のことでも対応できることもありますので、お気軽にご質問ください。

​開催予定のイベント

詳細内容・お申込みは下記画像をクリックしてご確認ください

Formsヘッダー ナレッジセミナー01.jpg
Formsヘッダー ナレッジセミナー02.jpg